歯科矯正について解説

歯科診療について知ろう

トップ

歯科と歯並びに関する情報

歯科矯正の抜歯と非抜歯について

最近は、子供だけでなく、大人でも矯正をしている人が増えてきました。長年主流の、上下4本を抜歯して隙間を埋めるように歯を移動させる方法の他に、非抜歯を掲げる歯科も増えてきました。最終的には、歯の大きさとあごのスペースの両者のバランスが重要になるので、矯正の為に健康な歯を抜くのは忍びないという理由などで安易に決めたりせず、抜くかどうかは医師との相談のもと、慎重に決める必要があります。抜かずに済めば最善ですが、抜かなかったばかりに歯列全体が一回り外側に出てしまった症例もあるからです。この場合、噛み合わせでは問題ないかもしれませんが、審美面から不満が残ってしまうかもしれません。判断に迷ったら、治療を始める前に複数の歯科医師の判断を仰ぐことが大切です。

歯の矯正にかかる費用とは

近年では美容ブームが到来しており、若干の歯並びの悪さでも歯の矯正をおこなう方が増えています。歯並びが悪い事で人目が気になり精神的なストレスになる方もおられますので、気になる方は歯科を受診される事が望ましいです。また、重度の歯並びの悪さは噛み合わせによる顎関節症の原因になり大変危険な状態にあると言えます。乳歯を抜く際に無理矢理引き抜いてしまうと歯並びが悪くなる原因になりますが、交通事故などの外的要因でも歯並びが悪くなる事があります。矯正にかかる費用ですが、歯科が使用する器具の素材によって大きく値段が変わります。特に保険が適用されないものも多くありますので注意が必要です。