歯科での治療費の仕組

歯科治療と保険の関係

トップ / 歯科治療と保険の関係

歯科と歯並びに関する情報

歯科の診療費について

歯科診療は基本的な必要とされる治療には健康保険が適用となり、保険証を提示することで窓口で一部負担金のみを支払えばよいことになっています。例えば虫歯治療、入れ歯を作る、歯のクリーニングなど病気になった歯の治療を行う場合です。しかし、よりよい最新の治療や快適さや美しさを追求する場合、例えば保険で認められてない材料を使うことなどで健康保険の適用外とな自由診療の選択肢もあります。どんな歯科治療を医師に行ってもらうのかは患者さん自身が決められますので、医師と相談し納得の上で治療を進めていく必要があります。

歯の治療と健康保険の関係

歯科を受診する際、歯の治療には健康保険が適用され医療費の3割を自己負担するだけで診療を受けることができます。ちなみに義務教育就学前であれば自己負担は2割です。ただし保険証で治療を受けることができるのは歯科において保険で認められた方法と材料を使用した場合のみです。例えば歯並びを治すための歯列矯正や14カラットを超える金などの認められていない材料を使用した場合は自費診療の扱いとなり健康保険の適用外となります。この他にも金属床の総義歯などのように、保険診療の費用と自費診療の差額のみを負担すればよいという場合もあります。