歯科で使用される麻酔

歯科でも使われる麻酔

トップ / 歯科でも使われる麻酔

歯科と歯並びに関する情報

歯科で麻酔が使用される理由

麻酔を施す医療機関として身近な所では歯科があります。私達が何らかの医療行為を受ける際に、場合によって、麻酔を掛けられることもあります。麻酔と言いましても、部分的な麻酔から全身麻酔にまでわたり、これがあるお陰で痛みを感じずに医療行為が受けられるような、いわゆる補助的な役割を果たしているものが麻酔となるものなのです。皆さんも一度は何らかの麻酔を受けられた事があることでしょう。たとえば歯科治療など。その麻酔を思い出してみて下さい。非常にありがたい存在であることが改めてわかるのではないでしょうか。

歯科治療で麻酔がもしなければ

もし麻酔がなかったとしたら、医療行為を受けている最中、ずっと苦痛を味わいながらやっていることとなるのです。たとえば、歯科治療で神経を抜く際に麻酔がなければどうでしょう。耐えられない痛みですよね。特に歯を削る際に麻酔を施すことが多くあるのです。歯のエナメル質のすぐ下側には神経が通っており、それを傷つけることで痛みが発生することとなっているからなのです。このように歯科では割と日常的に麻酔が行われているという現状があります。