歯科で気をつけること

歯科治療とアレルギー

トップ / 歯科治療とアレルギー

歯科と歯並びに関する情報

歯科金属アレルギーの治療と予防

歯科で使われる歯の詰め物の金属の種類によっては、金属アレルギーを起こすことがあります。長い間詰めていることによって、少しづつ溶けだして、全身に広がり、アレルギー症状として湿疹などが現れてきてしまうのです。歯科では金属アレルギーを治療してくれるところがあります。まず、歯の詰め物の金属が何でできているかを調べてくれ、それがアレルギーを起こしやすい金属ならば、プラチナやチタンのようにアレルギーを起こしにくい素材でできた詰め物に変えてくれるのです。そして予防のために口の中を清潔にしておくことと、酸っぱいものを食べてそのまま寝ないことも大切です。

金属アレルギーの方の注意点

金属アレルギーの方が歯科治療を受ける場合には、十分な注意が必要でです。使用されている金属の成分等によって、アレルギーの症状が悪化してしまう恐れもあります。治療の際には、必ず医師とよく相談し、アレルギー反応の少ない金属を使った治療法なども含めて検討して下さい。歯科治療の場合、チタンやセラミックスなどの材料を使用する方法もありますが、通常の治療と違い保険適用外の高額治療となってしまいます。アレルギー反応には個人差がありますので、専門医への受診などできちんと自分の症状を把握しておくことが、重要となります。